お問い合わせはこちら

東京都八王子市散田町3-17-1 コピオ西八王子駅前2階

西八王子駅南口より徒歩3分

WEB
予約
Instagram

虹アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

症状について

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、皮膚が赤くなったり、小さなブツブツができたり、皮がむけるなどのかゆみを伴った湿疹症状が、よくなったり悪くなったりと慢性的に繰り返される病気です。乳児の場合は。主に頭や顔、首に、幼児や学童の場合は首の周り、おしり、肘や膝の関節やその内側に多く発症します。以下のような症状の場合、アトピー性皮膚炎が疑われます。

  • 皮膚が赤くなり、かゆみがある
  • 膝や肘の裏が赤くなっている
  • 皮膚の表面がざらざらとしている
  • 一度、引っ掻いて傷ができると治りが遅く、よりかゆみが増す
  • 皮膚にひび割れが生じてくる
  • 湿疹が体の部位の左右対照に見られる
  • 以上のような症状が慢性的にみられる

慢性とは、基本的に1歳未満で2ケ月以上、1歳以上の6ケ月以上、症状が継続している状態のことを指します。アトピー性皮膚炎では、皮膚のバリア機能が低下していますので、脂漏性皮膚炎や伝染性膿痂疹(とびひ)など、他の感染性の皮膚病等に罹りやすくなります。それらは治った後もアトピー性皮膚炎が治療されていないままですと、再発の可能性が高くなります。

原因について

アトピー性皮膚炎はアレルギーを起因とした皮膚の病気で、引き起こされる要素の一つには、外部からの様々な刺激を防ぐ皮膚のバリア機能の低下が挙げられています。特に乳児では、大人に比べ、皮膚の機能が十分に発達していないので、バリア機能が働きにくく、それによって発症しやすくなっていると考えられています。また遺伝的素因が強いことも知られています。

経過(影響)について

アトピー性皮膚炎では、皮膚のバリア機能が低下している上、強いかゆみのために、お子さまが皮膚を掻きむしってしまい、そこから細菌が侵入し、伝染性膿痂疹(とびひ)などの感染症になってしまう場合があります。また目の周辺のかゆみが強い場合、目に対して繰り返し掻いたり叩いたりする行動を続けると、白内障や網膜剥離を引き起こす危険もあります。

さらに、かゆみによる睡眠不足で、日中の集中力が低下し、勉強などに支障をきたしたり、夜間の成長ホルモンの分泌が低下し、成長に影響を与えたりすることもありますので、なるべく早期に治療を開始し、かゆみへの対処をしていくことが重要になります。

また乳幼児期にアトピー性皮膚炎を発症した場合、続く幼児期に気管支ぜんそくを発症し、学童期にアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎を発症するケースが多くみられます。このアレルギー疾患が繰り返される状況を「アレルギーマーチ」と呼ぶこともあります。

アトピー性皮膚炎の治療

脱ステロイドを目指す

アトピー性皮膚炎の初期治療では、ステロイドの外用薬(塗り薬)の使用が標準治療となっています。これは世界的にも同様であり、初期のアトピー性皮膚炎の治療にはステロイドを使用いたします。しかし、最近の研究では長期的にステロイドを使用することは望ましくないという考え方が強まっております。海外では初期治療はステロイド外用薬を使用し、治療が長期となる場合にはステロイド以外の外用薬を使用すべきであると多く報告されています。

当クリニックでは、ステロイド外用薬を適切に使いつつも、それのみに頼らず、最終的にステロイドを使わなくて済む状態を目指していきます。

ステロイド外用薬を適切に使用することによって改善する皮膚疾患は多数あり、特にアトピー性皮膚炎の急性期において短期間、使用することはとても有効で、当クリニックでも適切に使用を行っています。

一方、ステロイド外用薬の長期使用は、副作用の観点、離脱できないという観点から推奨されないと海外の文献で多数報告があり、さらにその副作用としてバリア機能の低下や皮膚の脆弱化が考えられており、さらにステロイドによる皮膚炎もあります。皮膚炎を治療する薬が原因となって、発赤やかゆみが出現するなどの症状が出てしまうのです。

そこで当クリニックでは、ステロイド外用薬の使用は短期間に制限して使用し、かゆみに対してはステロイドを含まない外用薬や内服薬(飲み薬)を併用して対応、さらに生活環境の改善や正しいスキンケアの指導を通じて、アトピー性皮膚炎の治療に取り組んでいます。

現在、すでにステロイド外用薬が長期使用している患者さまには、症状に応じて徐々にステロイドを少なくし、最終的にステロイドからの離脱を目指した治療の提案や、ご希望によってステロイドを使用しない治療の提案も行っています。
アトピー性皮膚炎の治療期間は、数か月から年単位かかる場合もあります。当クリニックでは、かゆみの悩みに対処しつつ、お子さまとご家族に寄り添って、皮膚の症状が改善するよう、お付き合いしていきます。

生活環境の改善について

ホコリやダニ、カビなど、アレルギーの原因物質となるものを遠ざけるため、生活環境も清潔にしていくことが大切です。

特にアレルゲンとなりやすいのはダニです。7月~9月が発生のピークと言われ、この時期にアトピーが悪化するお子さまも多くなっています。下記のような場所に多く存在していると考えられますので、それぞれに対処し、生活環境を清潔に整えていくことが大切です。

布団 天日干しや、布団乾燥機でしっかりと乾燥させ、その後は掃除機をかけて表面のダニや死骸を取り除くようにしましょう。
じゅうたん じゅうたんは使用しないことが望ましいです。使用する場合は、掃除機をこまめに、丁寧にかけるようにしましょう。
クッション・ぬいぐるみ 丸洗いできるものを選び、時々洗濯しましょう。できれば洗えない古いクッションや、不要なぬいぐるみは処分するようにしましょう。
布製ソファー 布製ソファーはできるだけ使用せず、合成皮や皮製のソファーを選びましょう
カーテン ダニの死骸を含んだホコリが溜まりやすいので、時々洗いましょう。

さらにカビ対策も重要です、基本的には換気を十分に行うことが重要で、特に浴室・キッチン・トイレなど湿気がこもりやすい所はカビも発生しやすく、注意が必要です。その他ではエアコン、窓の結露、室内の観葉植物等がカビの発生原因となります。エアコンであればフィルターをこまめに掃除する、窓の結露もこまめにふき取り、換気するようにする、観葉植物はなるべく置かないようにする、などの対策が大切です。

正しいスキンケアについて

アトピー性皮膚炎では、正しくスキンケアを行い、肌を清潔に保つことは、汗や汚れなどの外的刺激となる要素を減らし、塗り薬の効果を高める上でも重要です。しかし、洗いすぎて肌が乾燥してしまうと、逆に肌が痛んで最近の増殖を招いてしまいます。人の肌には常に黄色ブドウ球菌などが存在していて、通常は害を及ぼしませんが、肌が弱ると増殖し、ひっかきキズなどから感染して、とびひなどの皮膚炎を起こしてしまう場合があります。

そこで肌を洗う際には、石鹸やシャンプーは、なるべく使わないか、使う場合は極力、刺激が少ないものを選びます(石鹸やシャンプーは皮膚に必要な油分まで流してしまう危険があります)。基本的にお湯につかるだけでも、汚れは十分に落とせます。

そして決して合成繊維のタオルやスポンジなどガサガサしたもので擦らず、皮膚を傷つけないように優しく洗いましょう。基本的にママの手のみで十分です。その後は、清潔なタオルで押さえるように水分を拭き取り、その上で、乾燥しないよう当クリニックで処方する保湿剤や外用薬、その上から刺激の少ないワセリンなどの保湿剤によって皮膚を保護します。

また、日常生活においても、お肌の状態を考えて対処していくことが大切なスキンケアにつながります。主に以下のようなことに気を付けていきましょう。

  • 汗をかいたらすぐに洗い流す
    • 汗をかくことはよいことですが、すぐに洗い流し、スキンケアを行うことが重要です。
  • 爪は常に清潔にしておく
    • 爪と皮膚の間には細菌が留まりやすく、引っ掻くと状態が悪化します。赤ちゃんでも週に2~3回は切るようにしましょう。
  • 口の周辺を清潔にしておく
    • 赤ちゃんはよだれの刺激によって、口の周りの湿疹が治りにくくなる場合があります。食事前に白色ワセリンを塗るなどして皮膚を保護しておきましょう。食事が終わったらすぐに、口の周りを清潔にしましょう。
  • 髪の毛が皮膚にあたらないようにする
    • 前髪の毛先は、皮膚が薄く敏感な、まぶたにかからないようにしましょう。また髪が耳や襟足にかかると、それが刺激となって、炎症を引き起こす場合があります。
  • 衣服は清潔に保つ
    • 下着類は、汗の吸い取りやすい素材のものにしましょう。化学繊維のものはアレルギー源になりやすいので避けた方がいいでしょう。洗濯洗剤も衣服に残る可能性がありますので、自然系のものを使用する、洗濯すすぎを一回余分に行うなどし、洗濯機のカビ取りも専用クリーナーで定期的に行うようにしましょう。
  • プールや海水浴、キャンプなど夏の活動に注意する
    • アトピー肌にとってプールの塩素はよくありません。少し我慢をする必要があります。また海水浴も皮膚によくありませんので、こちらも避けましょう。症状が軽く、医師の許可が出た場合は、プールや海水浴後は真水ですぐに洗い流し、後のスキンケアを十分に行います。また紫外線も皮膚によくないため、なるべく肌を隠すなどして日に当たらないようにしましょう。日焼け止めクリームや虫よけ薬等はなるべく使用しない方がよいでしょう。

薬物療法について

当クリニックでは、基本的にステロイド外用薬の使用を、かゆみをコントロールするための最低限に抑え、その他の塗り薬や内服薬の使用を通して、アトピー性皮膚炎の改善、脱ステロイドを目指しています。主に以下のような薬剤を使用した治療を行っています。

コレクチム軟膏

コレクチム軟膏は、外用ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤と呼ばれる外用薬(塗り薬)です。ステロイド外用剤とは異なる仕組みによりアトピー性皮膚炎の症状を和らげるもので、比較的副作用が少ない、新しい薬です。

アトピー性皮膚炎には、細胞から放出される炎症性サイトカインと呼ばれる物質が関与しています。このサイトカイン(IL-4、IL-13、IL-31など)が、免疫細胞や神経にある「受容体」という受け皿に付くと、JAKなどのシグナル経路が活性化し、炎症やかゆみを引き起こします。

コレクチム軟膏は、皮膚に塗ることで浸透し、細胞内のJAK 経路から伝達される炎症を引き起こすシグナルをブロックすることで、皮膚の炎症やかゆみを抑え、アトピー性皮膚炎を改善するという仕組みになっています。

プロトピック軟膏もステロイドとは違う仕組みの塗り薬です。一般名はタクロリムス水和物軟膏というもので、IL-2の産出を抑えることで免疫抑制をする薬です。ステロイドと比べるとマイルドクラスですがステロイドよりも皮膚からの吸収率が低いため、吸収率の高い顔や首の炎症には効果を発揮しますが、手足や胴体では、その効き目が低い場合があります。

ホルモン作用による副作用が少なく、顔などのアトピーで、ステロイドの長期使用による副作用に悩まれている患者さまに効果を発揮するものです。ただし塗ったところが火照ったり、ヒリヒリするなどの副作用がみられる場合がありますので、症状を診ながら、適切に使用していく必要があります。

内服薬

アトピー性皮膚炎の治療に使われる内服薬には、ステロイドを含んだものの他に、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬というものがあります。

抗アレルギー薬は、アレルギーを起こす体内のたん白質を抑える作用があり、湿疹の原因となるロイコトリエンなどの化学物質を抑えたり、アレルギーを起こす好酸球などの白血球の働きを抑制したりします。副作用は少ないとされています。

抗ヒスタミン薬は、かゆみや鼻水、くしゃみなどを引き起こす「ヒスタミン」という物質を抑える薬です。アレルギーの原因物質(アレルゲン)が体に入ると、肥満細胞という白血球からヒスタミンが出ることで、様々な症状が起こりますが、このヒスタミンの作用を抑え、症状を改善するのが、抗ヒスタミン薬です。

オーダーメイド治療について

これらの各種薬剤は、治療経験のある医師でなければ使えないものもあります。当クリニックでは、生活環境の改善、正しいスキンケアの指導とともに、患者さまであるお子さま一人一人の症状や状況を丁寧に診察し、適切な薬剤を適切な組み合わせで、適切な期間使用する、いわば「オーダーメイドの治療」によって、脱ステロイドを図りながら、ともにアトピー性皮膚炎の改善に取り組んでいきます。

診療時間 日・祝
9:00~12:00
14:00~17:00
17:00~20:00

*14:00-15:00は予防接種、健診専用の時間帯です。
*平日は19時50分までの受付となります。
*土日祝は16時50分までの受付となります。

クリニック名
にじいろこどもとみんなのクリニック
院長
塚原 正之
診療内容
小児科
住所
〒193-0832 東京都八王子市散田町3-17-1 コピオ西八王子駅前2階
電話番号
042-665-2216
最寄駅
西八王子駅南口より徒歩3分
駐車場
屋上(3階)に駐車場多数ございます。
虹