お問い合わせはこちら

東京都八王子市散田町3-17-1 コピオ西八王子駅前2階

西八王子駅南口より徒歩3分

WEB
予約
Instagram

虹小児循環器科

小児循環器科とは

小児循環器科

当クリニックの小児循環器科では、乳児健診、保育園や幼稚園での内科健診、小・中・高の各学校にて行われる心臓検診において、心雑音や心電図異常(不整脈)といった異常を指摘された場合の精査を行っています。

心臓病には先天性心疾患(生まれつきの心臓病)と後天性心疾患(生まれた後、なんらかの理由により発症する心臓病)があります。先天性心疾患にも、出生直後に発症する病気と、出生後時間が経過してから発症する病気がございます。乳児期、幼児期、学童期に発症する様々な心臓病がございますので、健診(検診)にて異常を指摘された場合には詳しい検査が必要となります。
心臓病には心雑音(聴診で雑音が聞こえる)から見つかる病気、心電図異常でみつかる病気があります。しかし、健診(検診)で心雑音や心電図異常があっても必ずしも病気が隠れているという訳ではございません。心臓には問題なくとも聞こえる心雑音、心電図異常があります。問題かどうかを判断するためには詳しい検査が必要です。

心雑音の原因としては幼児期に初めて指摘された雑音は無害性がほとんどです。乳児期や学童期の心雑音には心臓の構造異常や心筋症、弁膜症、冠動脈疾患が隠れていることがあります。当クリニックでの精査をお勧めしております。

心臓学校検診の一番の目的は心臓突然死を早期発見することですが、心電図異常には頻脈性不整脈、徐脈性不整脈、脚ブロック、ST-T波異常、QT異常などがあります。症状がでることが無い心電図異常から、動悸の症状を認める心電図異常、心臓突然死となる可能性のある心電図異常まで様々です。また、心電図異常から発見される心臓構造異常や心筋症もあります。心臓学校検診にて2次検査をお勧めされた方には当クリニックにて心電図検査や心臓超音波検査を行います。

学校の検査で心臓に異常がみられると言われたら、非常に心配に思われるでしょう。小学校一年生で言われたら、これから体育の授業も行われるようになりますし、心臓に負担をかけてよいのかどうか判断しなければなりません。「異常がない」ということを確認して、安心するためにも、詳しい検査を行うことをお勧めします。

当クリニックでは、院長がこれまで大学病院やこども病院で小児循環器内科に携わった経験を有していますので、正確な診断をつけ、ご病気が発見された場合にも適切な指導や適切な治療が受けられるよう、努めてまいります。

検査方法について

心電図検査

当クリニックでは、再度、安静時心電図の測定に加えて、必要に応じて運動負荷心電図の検査を行います。これは、心電図の機器を装着して、軽い運動(踏み台昇降など)を何分間かしていただき、その心電図の波形を診るものです。また、必要に応じてホルター心電図という24時間装着の心電図を装着してご帰宅いただき、1日自宅や学校で過ごしている状態での心電図を記録、解析いたします。目的の不整脈がどのような時に出現しているのか、どのくらいの頻度で出ているのかなどを詳しく解析し診断に役立てます。

エコー検査(心臓超音波検査)

心雑音や心電図異常がある方にはエコーによる検査を行います。超音波を心臓に当て、返ってくる反射波(エコー)を超音波検査装置がキャッチし、心臓やその周囲の内部の様子を画像化したもので、体への負担はありません。この検査では、心臓の形や大きさ、動き、機能、弁の狭窄や逆流の程度などが確認できます。先天性心疾患の有無、心臓構造異常や、心筋症、弁膜症、冠動脈の病気などを評価することができます。

当クリニックでは、地域の身近でより専門的な診療を受けられることで、お子さまや保護者の方の負担が少なく、また学校を休まずに検査や治療を受けられるよう体制を整えています。それにより病気の発見が遅れず、万が一疾病が発見された場合は、早期に治療が開始できることで、より病気の治癒が促進されることを目指しています。

診療時間 日・祝
9:00~12:00
14:00~17:00
17:00~20:00

*14:00-15:00は予防接種、健診専用の時間帯です。
*平日は19時50分までの受付となります。
*土日祝は16時50分までの受付となります。

クリニック名
にじいろこどもとみんなのクリニック
院長
塚原 正之
診療内容
小児科
住所
〒193-0832 東京都八王子市散田町3-17-1 コピオ西八王子駅前2階
電話番号
042-665-2216
最寄駅
西八王子駅南口より徒歩3分
駐車場
屋上(3階)に駐車場多数ございます。
虹